トップインテリアお仕事マガジン> インテリアコーディネーターの働き方とは? 勤務形態やキャリアアップの考え方も紹介

インテリア業界の就職・転職に役立つWebマガジン インテリアお仕事マガジン

インテリアコーディネーターの働き方とは? 勤務形態やキャリアアップの考え方も紹介

Photo by iStock.com/ryouchin
インテリアコーディネーターの活躍の場は幅広く、勤める職場によって仕事内容も少しずつ異なります。今回はインテリアコーディネーターの働き方やキャリアアップの考え方などをご紹介します。

インテリアコーディネーターは勤務先によって業務が変わる

インテリアコーディネーターの仕事は、大まかにいえば様々な建物の内装をコーディネートすることですが、勤務先は実に幅広くあります。例えば、住宅メーカーや設計事務所、デザイン事務所、デパートやインテリアショップなどが挙げられます。

職場が住宅メーカーであれば、住宅の内装を担当することになりますが、設計事務所、デザイン事務所であれば、住宅のほかにも飲食店、商業施設などを担当することもあり、企業によって手がける対象は変わります。

また、各企業によって携わる業務も様々です。依頼主となるお客様に内装のアドバイスをするのはもちろんのこと、建築士や現場スタッフと打ち合わせをしたり、実際に設計図を引くケースなども考えられます。これらは持っている資格や勤める企業、部署などによって大きく変化するため、就職活動時に業務内容やコーディネートする対象についてきちんと確認しておくことが望ましいでしょう。

デパートやインテリアショップでは、主に家具を販売するのが仕事です。お客様が理想とする内装を実現するために、販売している家具のなかでどんなものがふさわしいか、内装のイメージを伺いながらアドバイスをしていきます。来店されたお客様に対する接客や、インテリアに関するコンサルティング業務がメインとなり、実際に内装を手がけるの設計事務所やデザイン事務所などとは業務内容が変わります。

専門職だからこそ、さまざまな勤務形態で働ける

企業によって業務内容が変わるインテリアコーディネーターですが、働き方にも多くの選択肢があります。正社員として働く以外にもさまざまな勤務形態で従事することができます。

■正社員として働く
収入が安定し待遇面が恵まれているのがメリットですが、仕事量が増えて深夜まで残業しなければならなかったり、土日祝日に出勤するなど勤務日程を選べないことも。

■アルバイトやパートとして働く
正社員に比べると給与など待遇面では劣りますが、ある程度自分でスケジュールを調整できるのがメリットです。職務経験がない方は、まずはアルバイトで見習いとして勤めるケースも少なくありません。

■フリーランスとして働く
経験や人脈を得ている場合は、フリーランスで仕事をするという方法もあります。ある程度自分でスケジュールを調整でき、自分で仕事を進められるのがメリットです。とはいえ、接客業なので現場へ行ったりお客様と打ち合わせしたりと、時間は不規則になりがちであることを気に留めておく必要があります。

Photo by iStock.com/Korrawin

勤務時間帯や休日も多様に変化

勤める企業や担当する対象によって働き方が変わるインテリアコーディネーターですが、労働時間が不規則になりやすい職業でもあります。例えば、住宅メーカー等で内装を担当する場合は特にお客様との打ち合わせの時間が多く、時間帯はお客様の都合次第となることも。そのため、打ち合わせが立て込むことや、夜に打ち合わせが入ることもあり、時間が不規則になりがちといえます。

こうしたことから、住宅メーカーなどのインテリアコーディネータが勤める職場は、火水休みで土日は稼動する会社が多いです。インテリアショップやショールームなどの一般のお客様を相手にする場合も、土日や祝日に勤務する場合が多いでしょう。比較的土日や祝日が休みでない職場である可能性が高いといえます。

また、お客様との打ち合わせに必要な提案書・見積書の作成や、情報を調べて資料にまとめるなどデスクワークの時間も多めです。これらの業務は打ち合わせの合間や打ち合わせを終えた後に行うことになるため、担当する案件の数によっては勤務時間が長くなってしまうこともあるでしょう。

様々なライフステージを経ることが仕事の強みに

お客様に生活空間などのコーディネートやアドバイスするという仕事であるため、自身が多様なライフステージを経験していることが強みにもなります。さらに、相手の考えや価値観を柔軟に受け入れ、多様な角度から提案できるようになれば、年齢を重ねても多方面から重宝される人材になれるでしょう。

不規則な勤務時間やお客様への対応に追われることで大変なイメージもありますが、専門職であるゆえに長期的なキャリアを考えることができます。結婚や出産等のライフイベントで一時的に休職することになっても、自分のライフスタイルに合わせて復帰することも可能でしょう。自身のライフステージとともにキャリアアップを検討するのも良いのではないでしょうか。

求人@インテリアデザインでは、インテリア業界に関わる様々な求人転職情報をご提供しています。

インテリアコーディネーターの求人転職情報
すべての求人転職情報

インテリアお仕事マガジンについて

インテリアお仕事マガジンが求職者の方へお届けするWebマガジン。
求職者より寄せられた悩みや疑問を元に、インテリアデザイン、施工管理、建築設計に関する業界知識や制度など、就職・転職に役立つ情報を定期配信しています。