トップインテリアお仕事マガジン> インテリアデザイナーへの道はアシスタントから。現場経験で未経験からキャリアアップ

インテリア業界の就職・転職に役立つWebマガジン インテリアお仕事マガジン

インテリアデザイナーへの道はアシスタントから。現場経験で未経験からキャリアアップ

画像素材:PIXTA
インテリアデザイナーの仕事内容は家具などの選定やアドバイスのみならず、内装全般の企画・設計を考案することもあるなど、多岐に渡ります。だからこそ、さまざまな知識・現場経験が必要とされる想像以上にハードなお仕事です。その業務を裏で支えているのが、アシスタントと呼ばれる存在。では、アシスタントとは具体的にどんな業務をこなしているのでしょうか。インテリアデザイナーのアシスタントについての情報をまとめました。

インテリアデザイナーのアシスタントとは?

インテリアデザイナーを目指すための専門学校や美術系大学は数多くありますが、デザイン会社にすぐに正社員として入社できるのはごく一部。また、インテリアデザイナーは現場経験に基づくスキルが問われる仕事のため、「まずはアシスタントになって下積みをしよう」と考える人も少なくありません。アシスタント時代に実力・現場力を身につけることで、その後の活動の幅が大きく広がるなどのメリットがたくさんあります。

またアシスタントから正社員になる方も多く、就職や今後のステップアップに繋がっていくことが期待できます。しかし直接的な戦力ではない分、給料は決して高くはないところがほとんどです。自分の生活や将来性などを加味しながら、働く場所を決めるのが良いでしょう。

インテリアデザイナーのアシスタントの主な業務内容は?

仕事は、先輩の補佐が中心です。コピーなどの雑務や、デザイナーの指示に沿った資料図面やイメージパースの作成など、広範囲に渡ります。図面作成の流れはもちろん、CAD(コンピュータを用いての設計)の操作する場合もありますが、職場で先輩に教えてもらえることも多いようです。CADを習得すれば今後の仕事にも役立つので、ぜひ覚えたいところ。

さらに先輩たちの仕事のやり方を間近に見ることができるのも、アシスタントの特権です。お客さまの要望に沿った空間にするために、どんな照明や壁紙選びをするのかなど、先輩たちの手腕が見られるのは、何ごとにも代えがたい経験といえるのではないでしょうか。

画像素材:PIXTA

どうすればインテリアデザイナーのアシスタントになれるの?

各求人サイトや自社HPなどで募集しています。まずは自分の働きたい会社のHPをチェックしてみましょう。会社によっては、学生インターンを募集しているところもあります。ただし、どんな方でもすぐにアシスタントになれるわけではなく、専門学校や美術系大学を出ていることなどをはじめ、会社によってさまざまな条件があります。

例えばVector Works、Illustrator、 Photoshopなどのスキルや知識を持っている人、職場によっては英会話・中国語のできる人など、千差万別です。そんな技術面もさることながら、どの会社も共通して欲しいと思っている人材は、やはり「意欲がある人」。インテリアに対してどれだけの熱意を持っているかが、肝となるではないでしょうか。

ハードだけどやりがいあり。アシスタントからキャリアアップを目指そう

どんな業界でも、アシスタントの仕事は「きつい、つらい」といわれます。アシスタントからのスタートで能力や知識を身に着けていくことは確かにハードな道のりではありますが、その分得るものも多く、やりがいもあります。下積み時代に自分で考え能動的に動くことで、オリジナルのセンスと技術が磨かれていくはずです。なかなか就職先が見つからないという人も、まずはアシスタントからキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

求人@インテリアデザインでは、インテリア業界に関わる様々な求人転職情報をご提供しています。

空間デザイン・空間設計の求人転職情報
CADオペレーターの求人転職情報
すべての求人転職情報

インテリアお仕事マガジンについて

インテリアお仕事マガジンが求職者の方へお届けするWebマガジン。
求職者より寄せられた悩みや疑問を元に、インテリアデザイン、施工管理、建築設計に関する業界知識や制度など、就職・転職に役立つ情報を定期配信しています。