トップインテリアお仕事マガジン > シェアオフィス・コワーキングスペースのデザインとは? 利用者のニーズを考えよう

インテリア業界の就職・転職に役立つWebマガジン インテリアお仕事マガジン

シェアオフィス・コワーキングスペースのデザインとは? 利用者のニーズを考えよう

画像素材:PIXTA
新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークや在宅ワーク、リモートワークで働く人が増えてきました。また、会社に捕らわれることなく働くフリーランス人口も増加傾向にあります。とはいえ、「書斎がなく仕事環境が整わない」「家には家族がいるので集中できない」という悩みの声も。そこで注目されているのが、シェアオフィスやコワーキングスペースです。利用を考える人が増えつつある働きの場には、どんなデザインやサービスが求められているのでしょうか。

シェアオフィスとコワーキングスペースの違いは?

新しい働き方が浸透していく今、増えつつあるシェアオフィスやコワーキングスペース。どちらも複数の利用者が、場をシェアしながら仕事に励む場所として、ネット環境をはじめとした作業環境が整っています。しかし、厳密にはそれぞれには少しずつ違いがあります。

■シェアオフィス

レンタルオフィスのように個室ではなく、フリーアドレス形式で複数の利用者が使用できるスタイルが多いのがシェアオフィス。ネット環境はもちろん、コピー機や什器類などがすでに揃っているため、オフィスに必要な初期投資を抑えながら安く利用できることがメリットです。

一方、個別スペースがなく、電話対応のために移動したり、個人情報や機密情報の管理が難しかったりといったデメリットも。利用者は起業家が多い傾向にあり、商談のために顧客を招待することもあるため、駅近など立地環境が良い場所にあると重宝されます。

■コワーキングスペース

シェアオフィスでも当然利用者同士のコミュニケーションはありますが、その傾向がさらに強いのがコワーキングスペース。利用者同士が交流し、コミュニティを形成、そこからアイデアが生まれ、新しいビジネスにつなげていくことができます。そのため、静かな場所で集中して仕事がしたいという人は、騒がし過ぎると感じることもあるかもしれません。

また、シェアオフィス同様、セキュリティ面は注意が必要です。利用者の中心は、個人で仕事をするフリーランス。デザイナーのようなクリエイター、エンジニア、IT関係者、翻訳者、編集者などさまざまです。

シェアオフィスやコワーキングスペースに求められる内装デザインは?

シェアオフィス、コワーキングスペースともに、求められるデザインは利用者層によって異なります。例えば、起業家や営業職の利用が多いなら、仕事に集中できる落ち着いたデザイン。ブラックやブラウンを基調にし、作業しやすいように広々したデスクを配置するといったシンプルで実用性が高い空間が求められるでしょう。

一方、クリエイターなどが多く利用する場合は、オフィスよりもカフェのような空間が求められることも考えられます。無垢材を使ったデスクやビビットカラーのチェア、アクセントとなる観葉植物など、実用性だけでなく、訪れるとワクワクするようなおしゃれさが重視されることもあるでしょう。イベントやセミナー開催を視野に入れる場合は、一部屋あたりのスペースを広めに取り、スクリーンの設置するなどといった工夫が必要になります。

画像素材:PIXTA

デザインの肝はデスクワークスペース以外の工夫

シェアオフィスやコワーキングスペースはデスクワークのスペースだけでなく、共有スペースも用意するのが基本。例えば、商談や会議に使えるミーティングスペースは、あえてガラス張りにして開放感を演出するなどすれば、自由に発言できる空気感ができて、ブレストも盛り上がりそうです。

仕事の合間に利用できるリフレッシュスペースは、色彩を変えたり、ゆったり座れるソファを配置したりするなど、ワークスペースとは異なりリラックスできる空間に。利用者が自由に利用できるドリンクバーを設置するなどといった気遣いも重要なポイントになるでしょう。

さらに、ドリンクバーといっても、ポットとインスタントコーヒーやティーパックなどが置かれた簡易的なものから、食事も提供できる機能を備えた本格的なカフェカウンターまでタイプはさまざま。想定するターゲットに合わせて用意することが求められます。

世界的に人気! コワーキングスペースのデザイン事例

NYに本社があり、全世界37カ国140都市700カ所の地域でコミュニティ型ワークスペースを運営する「We Work」。シェアオフィスやコワーキングスペースを使ったことはないという人も、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

施設内は、開放的で居心地がよさそうな雰囲気が見て取れますが、実は、コミュニケーションが取りやすい工夫が施されています。物理的な距離と人々のコミュニケーション頻度の相対関係を研究することで分かった「アレンの曲線」と呼ばれる理論に基づき、階段を設計。見た目のデザイン性だけでなく、よりコミュニケーションを取りやすく、利用者同士の仲間意識が強められるように作られています。

このほか、ゆったりしたソファ席や落ち着いたカラーの照明など、オフィスの概念を覆す内装デザインに驚かされた人も多いのではないでしょうか。

コロナ禍でニーズが高まるシェアオフィスやコワーキングスペース。デザインはもちろん、サービスや運営方法もさまざまで、個性が光る施設がたくさんあります。人気の施設をいくつか巡ってみれば、デザインの良いヒントを得られるのではないでしょうか。

求人@インテリアデザインでは、大手企業から個人事務所まで、ワークスペースを多く手掛ける会社の採用情報も掲載しています。
多くの掲載情報の中から、自分が得意とする分野、手掛けたい分野に応じてあなたに合った仕事を探せます。

インテリアお仕事マガジンについて

インテリアお仕事マガジンが求職者の方へお届けするWebマガジン。
求職者より寄せられた悩みや疑問を元に、インテリアデザイン、施工管理、建築設計に関する業界知識や制度など、就職・転職に役立つ情報を定期配信しています。