1. トップ
  2. インテリア業界の職種説明
  3. CADオペレーター

CADオペレーター

CADオペレーターとは?

“CAD”とは製図を描くためのコンピューターシステム。CADオペレーターはデザイナーや設計士の指示をもとにCADのソフトを用いて設計図をつくる仕事です。求人募集は住宅やビル、建物の機械設備などの設計図を描くCADオペレーターが多いですが、CADは車や電車や飛行機、洋服やジュエリー、家電、家具などあらゆるものの設計に使用されています。

CADオペレーターになるには?

CADオペレーターになるのに特別な資格は必要ありません。とはいえ、CADソフトの操作スキルを身につけることは必須です。独学も不可能ではありませんが、学校やスクールで学ぶのが一般的。進みたい分野の専門知識を身につけておくと就職にも有利になります。

  • CADオペレーターの学校の選び方

    CADのスキルは大学、短大、専門学校、スクールなどで学ぶことができます。大学は業界の知識なども幅広く学べるのがメリット。専門学校ではCADや専門分野に集中して技術や知識を身につけることができるでしょう。転職を目指す人は働きながらスクールで学ぶことも可能です。また、CAD科、建築CAD科、住宅設計CAD科、CADデザイン科などさまざまな学科があるので、将来進みたい分野の製図・デザインのスキルを学べるカリキュラムが用意されている学校を選ぶようにしましょう。

    CADオペレーターの学校の選び方
  • CADオペレーターに求められる人物像は?

    高い精度が求められる仕事のため、几帳面さや正確性をもつ人が向いています。プロジェクト全体を見ながら臨機応変に仕事を進める対応力、長時間パソコンを操作するための集中力や忍耐力、締め切りを守るスケジュール管理力も必要です。建築系のCADオペレーターであれば、顧客、建築士、インテリアコーディネーター、設計士など多くの人と関わるためコミュニケーション力も重要。ものづくりに興味があることも望ましいでしょう。

    CADオペレーターに求められる人物像は?
  • CADオペレーターに必要な資格・スキルは?

    CADオペレーターになるために特定の資格は必要ありませんが、資格の取得を目指すことでより確実にスキルを身につけることができます。また、実務経験がないうちはスキルを身につけた証にもなるので、資格は取得しておくのがおすすめです。例えばコンピュータ教育振興協会が監修する「CAD利用技術者試験」は、取得を目指すことでCADシステムの基本知識から実技が身につきます。建築CADに特化した資格では、全国建築CAD連盟が監修する「建築CAD検定試験」があります。

    CADオペレーターに必要な資格・スキルは?

CADオペレーターの仕事内容は?

さまざまなものづくりの現場で使われているVectorworksやAutoCADなどのCADを使って、住宅やビル、建物の機械設備などの設計図を描くのがCADオペレーターの主な仕事です。顧客と打ち合わせをしながら、デザイナーや建築士もしくは設計士の指示をもとにCADのソフトを用いて設計図をつくります。そのため、顧客や建築士(設計士)などの指示を汲み取り、スピーディに正確な図面を作成する技術が求められるでしょう。PCで黙々と作業をすることがメインの仕事ですが、住宅や建築物をつくるためには多くの人がかかわるため打ち合わせも多く、コミュニケーション力も必要な仕事です。

CADオペレーターの一日の流れ

  • 9:00

    始業。まずはメールをチェック。

  • 9:15

    1日の進捗確認ミーティング。プロジェクトの進捗状況や締め切りを確認。

  • 9:30

    CADソフトで図面作成。

  • 11:30

    社内スタッフとのチームミーティング。

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    引き続きCADソフトで図面作成。

  • 15:00

    クライアント、設計士とミーティング。PCでの作業がメインですが、建築士、インテリアコーディネーター、設計士との打ち合わせがあるほか、現場に足を運ぶこともあります。

  • 16:00

    締め切りの図面をデザイナーに提出。

  • 17:00

    建築士から指示された修正点や変更に基づき、図面データの修正作業。

  • 18:00

    退社

  • CADオペレーターの年収・給与は?

    地域や企業、雇用形態などによって異なりますが、企業に勤務するCADオペレーターの平均年収は一般的に300~400万円といわれています。実務経験が豊富なCADオペレーターの場合は500万円ほどで、実力によってはそれ以上の収入を得ることも可能です。専門的なスキルが必要となるので、比較的高収入を目指せる職種です。一度スキルを身につければ派遣社員などで働くこともでき、その場合の一般的な時給は1,500〜2,000円ほどです。

    CADオペレーターの年収・給与は?
  • CADオペレーターのやりがいとは?

    ものづくりの楽しさを感じたり、顧客に喜んで貰えたりした瞬間、技術が評価されたときなどにやりがいを実感できるでしょう。例えば、顧客に提示したパース(建物の外観や室内の立体図)が予想以上の反応をもらえたときや、指示された以上の高いレベルの設計図を完成させ評価をもらえた瞬間などに、やりがいや成長を実感できます。ほかにも、自らが作成した設計図の建築物や製品が完成し、実物を目にした瞬間などには、大きな達成感や感動を得られるはずです。

    CADオペレーターのやりがいとは?

他の職種も見る